ボーラードストライク

ボーラード取り切り解説1〜3

このブログを読んで下さっている方の中でも「ボーラード」を練習に取り入れている方、多いかと思います。 【ボーラードのルール↓】 ビリヤードの技術は基本的に数値化することが難しいのですが、ボーラードに関してはハッキリとスコアが出るので、...
C級

片手で引き球どこまで引けるか?

やってみました。 短クッションくらいまでは引けるかなと思っていたのですが、届かず…。 同じことを先輩プロがやっている動画を以前見たことがあるのですが、その方は自分の1.5倍くらい引けていたので、比べるとだいぶ残念な結果でした。 た...
B級

ビリヤード検定B3級-課題2

手球:長クッション-5P 短クッション-1.5P 的球:長クッション-3P 短クッション-3P ポケットまでの距離がやや遠いので簡単では無いですが、B級であれば入れたい球です。 ショットスピードを落としすぎると、スロウで厚く外れたり、的球...
スポンサーリンク
C級

「割れない」引き球

これ、出来ますか? 手球はフットスポット、的球はセンターで、コーナーに入れつつ引き球でサイドスクラッチを手前に回避、です。 やってみると分かりますが、意外とこれ難しいです。 こうなってしまう方も多いのではないでしょうか? 目...
C級

ビリヤード検定C2級-課題2

手球:緑エリアの中でフリーボール 的球:なし 手球を奥短クッションに真っ直ぐ撞いて跳ね返し、手前の緑エリアに止める練習です。 ゲーム開始時に先攻後攻を決める、いわゆる「バンキング」の形です。 適切な力加減で正確に撞点を捉える必要があります...
C級

ひねり加減コントロール練習

【以前このような記事を書きました↓】 今回はひねり加減をコントロールする練習方法の紹介です。 このようにセットします。 手球はフットスポット、的球は左側長クッション1Pから球1個分浮いてます。 この配置で1番を左下コーナーに...
S級

ビリヤード検定S3級-課題1

手球:長クッション-1P 短クッション-0.5P 的球:長クッション-4P 短クッション-2P いわゆる「センターショット」ですが、的球から手球の距離が遠く、尚且つレストが非常に組みにくい配置なので難易度は高いです。 自分はラシャの上にレ...
C級

ひねりの「トビ」と「カーブ」

C級の方向けの記事です。 意図的に手球の左右を撞いて横回転をかけ、動きに変化を与えることを「ひねり」と言います。 具体的には「クッションに当たってからの進行方向」が、手球の右を撞けば右側に、左を撞けば左側に、変わっていきます。 ビギナ...
A級

ビリヤード検定A3級-課題1

手球:長クッション-2P 短クッション-1P 的球:長クッション-5P 短クッション-2P 手球から的球、的球からポケット、共に結構距離があるのでやや難易度は高いですが、厚みはそんなに厳しくはないので、A級であれば試合でミスできない...
C級

湿気の影響

「ビリヤードは湿気があると難しい。」 業界ではこのように言われています。 ただ自分自身が初心者の頃は、湿気がある時とない時とで、どういう変化が起きているのか全くわかりませんでした。 そこで今回は、湿気の影響でどのような変化が起きるのか...
スポンサーリンク