実戦で役立つテクニック(Cクラス編)

二度撞きしない撞き方

「今のショットは二度撞きですね。」 「え?そうなんですか???」 有田ビリヤードスクールでのレッスン中、初心者の生徒様とたまにこんなやりとりが行われます。 確かにはじめのうちは、二度撞きの感触はかなり分かりにくいですよね。 実際にこ...
実戦で役立つテクニック(Cクラス編)

利き目はどっち?

皆様は、利き手や利き足の様に「利き目」というものがあるのをご存知でしょうか? 物や景色を見る時に「無意識で良く使う方の目」のことです(「良く見える方の目」ではないです)。 ビリヤードでは、厚みを見る時にはこの「利き目」を使うと言われてい...
実戦で役立つテクニック(Cクラス編)

レストの使い方

ビリヤードを始めたての方向けの記事です。 この様な配置で、体と腕を思い切り伸ばしても届かなくて困った経験はないでしょうか? このような時に使うのが、
スポンサーリンク
実戦で役立つテクニック(Cクラス編)

土手撞きのコツ

ビリヤードには様々な「難球」が存在します。 その中でも特に有名なのが「土手撞き」ではないでしょうか? ご存知無い方の為に一応説明を。 この様に、クッションに完全に手球がタッチしていて、撞きづらくなってしまっている状...
実戦で役立つテクニック(Cクラス編)

ダーツストローク

今回は少し変わった種類のジャンプを紹介します。 配置はこちら。 手球と邪魔球の距離が非常に近く、飛び越えるのが難しそう、そんな状態の時に役に立つショットです。 どうやるかというと、 タイトルにもなっていますが...
実戦で役立つテクニック(Cクラス編)

どこまで引っかけられる?

クッションタッチの的球を入れやすくするテクニックで、「引っかけ」というものがあります。 この様な配置の的球を「普通に」入れるのはものすごく難しいですが、この「引っかけ」を使うとある程度入れやすくなります。 中上級者のほとんどの方はご...
実戦で役立つテクニック(Bクラス・Aクラス編)

8番から9番、ポジション出来ますか?

この配置の8番から9番、ポジション出来ますか? ほんの少しだけフリ(角度)があります。 芯撞き気味にはじこうとするとショートしそう… 左下ツークッションを狙おうとするとスクラッチしそう… ...
ビリヤードコラム

立ち止まる?横切る?

「ショットしようと構えている人の前は横切らないようにする。」 業界内では有名なこのマナー(普段あまりビリヤードされない方にとっては「え、そうなの?」て感じかと思いますが…)。 このマナー、色々な意見というか考え方があると思い...
実戦で役立つテクニック(Bクラス・Aクラス編)

裏技?

お題です。 この配置、ポジション出来ますか? 8番の厚みは真っ直ぐです。止めるor少し引く、の我慢系は無しとします。 … 出来たでしょうか? では正解発表です。 この様に、キュ...
プロがオススメする練習方法(Cクラス編)

初心者の方が最初にやるべき練習

このブログを読んで下さっている方の中にも、初心者の方がいるかと思いますが、こういう練習してませんか? 通っているビリヤード場の常連さんがこれをやっていたから。 知り合いに勧められたから。 ネットで調べたら出てきたから。 な...
スポンサーリンク