的球センターシュートドリル

スポンサーリンク

B級の方向けの記事です。

ビリヤードに必要なスキルは、

シュート、ポジション、セーフティー、クッション…

などなどありますが、やはりその中でも一番重要なのが、

「シュート(球を入れる力)」です。

どんなにポジションやセーフティー、クッションが上手くても、最終的に球が外れていては絶対に勝つことは出来ません。

ということで、皆様日々シュート力を磨かれているかと思います。

そこで今回は、私自身がB級の頃によくやっていた練習方法を紹介します。

まず的球をセンターにセットします。

そして画像の6か所の手球位置から、コーナーにシュートする練習です。

やってみます。

ポケットまでの距離がやや遠いので、B級上がりたてくらいの方には少し難しく感じるかもしれませんが、数をこなしていくうちに徐々に慣れてくると思います。

また、ほとんどミス無く出来るような方は、連続成功記録を伸ばすように取り組んでみて下さい。そうすることで、記録に迫る度に多少プレッシャーがかかるようになるので、シュート力と共にメンタルも鍛えることが出来ます。

さらに、今回はあくまでも「シュート力アップ」としての練習だったので、撞点は特に決めずにやりましたが、ここからポジションも意識して色々な撞点でやってみるのも良いと思います。

B級くらいになると近い球のシュートミスは徐々に減ってくるので、今回紹介したような「ミドルレンジのシュート」を決められるかどうかで試合の勝敗が決まるようなことが増えてきます。

これくらいの距離を自信持って撞けるように、よかったらこの練習やってみて下さい。

【これらのドリルもB級の方向け↓】

13個ドリル
B級以上の方に特にオススメのドリルの紹介です。この様にボールをセットします。手球はフリーボールからスタートして、これを全て取り切ります。そして1つルールを設けます。「ポジションする際に手球を他の的球に当ててはいけま...
コーナー12個ドリル
中上級者向けの練習方法の紹介です。このドリルは、特にコーナーポケットへのシュートと、その際の手球コントロール強化につながります。配置はこちら。手球フリーボールから、これらを取り切ります。そして今回は上級者向けとして、1、...