クッションタッチ4個ループドリル

スポンサーリンク

クッションタッチ難しい…。

遠くなるとさらに厚みがわからなくなっちゃう。

確かに難しいですよね。

でも、慣れてくると『むしろクッションタッチの方が入れやすい』と感じるようになる人も多いですよ!

そうなんだ。

じゃあどんな練習をすればいいの?

こちらのドリルで感覚を磨きましょう!

ボールの配置

ドリルのやり方

1、手球はフリーボールからスタート

2、4個全て番号順に取り切る

3、手球は現状位置のまま、再度4個セットして取り切る

4、以降繰り返し

プレー動画

ポイント

土手撞きになるのを避ける為に、わずかにフリをつけていくことが重要です。

ただしフリをつけすぎてしまうと、今度は入れること自体厳しくなりますし、また手球も動きすぎてポジションが難しくなるので、「ここからここまでがOK」という範囲をしっかりイメージしてからショットするようにしましょう。

【もし土手撞きになってしまったら↓】

土手撞きのコツ
土手撞き難しいなぁ…。キュー先の意識が大事ですよ!ビリヤードには様々な「難球」が存在します。その中でも特に有名なのが「土手撞き」ではないでしょうか?土手撞きとは?ご存知無い方の為に一応説明を。...

関連オススメドリル

【初心者向け↓】

クッションタッチドリル(初級者向け)
「クッション際の球が難しい。」ビリヤードを初めて数ヶ月位の生徒さん達から、非常によく聞くお声です。そういった方向けのドリルの紹介です。まずこの様にボールをセットします。そして2個連続で入れます。それが出来たら、手球は...
クッションタッチ4個番号順ドリル
クッションタッチ難しいなぁ…初級者向けドリルで練習しましょう!ボールの配置ドリルのやり方1、手球はフリーボールからスタート2、番号順に入れる3、取り切れたらクリアプレー動画ポイント1、フ...

【中上級者向け↓】

クッションタッチドリル(中上級者向け)
クッションタッチドリル、中上級者向けverの紹介です。まずこの様にボールをセットします。これを手球フリーの状態から取り切るのですが、条件を2つ設けます。1つ目は、ポジションする際手球を他の的球に当ててはダメ。2つ目は...
クッションタッチドリル(上級者向け)
上級者の方向けのドリル動画です。配置はこちら。ルールは、1、ポジションする際、手球を他の的球に当ててはダメ2、センターの球は最後に入れるです。それではやってみます。(こちらの動画は音声無しとなっていま...
クッションタッチドリル(上級者向け2)
【以前この様な記事を書きました↓】今回は別verの紹介です。配置はこちら。※センターの球以外は全てクッションタッチです。ルールは前回同様、1、ポジションする際、手球を他の球に当ててはダメ2、センターの球は最後に入...