センターショット押し引きコントロールドリル

スポンサーリンク

センターショットのアレンジドリルです!

ボールの配置

いわゆるセンターショットの配置です。

ドリルのやり方

1、センターショットを入れながら、引き球押し球それぞれ1ポイント毎に手球をコントロールしていく

2、ぴったり1P毎コントロールするのはものすごく難しいので、0.5P〜1.5Pの中にコントロール出来れば1Pクリアとする

3、まず引き球で1P→2P→3P→4P、その後に押し球で1P→2P→3P→4P、8球ノーミスでクリア

プレー動画

ポイント

撞点をある程度一定にしてスピードでコントロールするのか、逆にスピードを一定にして撞点でコントロールするのか、あるいは撞点とスピード共に変えていくのか、しっかり自分の中で目安を作ることが重要です。

今回自分は主にスピードを変えてコントロールしてみましたが色々なやり方を試すことで、引き出しも増えていくと思います。

難易度を下げる場合

難し過ぎると感じる場合は、テーブルを大きく4等分して、それぞれにポジションするようにしてみて下さい。

関連オススメドリル

【その他のセンターショットに関連する記事です↓】

どれくらい押せれば合格?
押し球、「どれくらい押せれば合格?」自分の回答は、「センターショットで手球を真っ直ぐより少しずらして配置。それを押して手前側の短クッションまで手球が戻ってきたら合格。」です。文章だとちょっとわかりずらいですね。こちら...
どれくらい引ければ合格?
どれくらい引けたら良いのかな?ひとまずこれくらいを目指しましょう!「引き球て、どれくらいまで引ける様になったら合格ですか?」B級位のスクールの生徒さんから、たまにこんな質問を頂きます。正直なか...
心眼センターショット
少し変わった練習方法の紹介です。配置はこちら。いわゆる「センターショット」です。が、これを普通にショットするのではなく、「目を閉じて」ショットします。これは多くのプロゴルファーがパッティング練習などに取り入れ...