長クッション取り切りドリル

スポンサーリンク

C級くらいの方にオススメのドリルです。

このようにセットします。

手球フリーボールから、この2個を取り切ります。

その際に使って良いポケットは左下コーナーのみです。

ポジションの出し方は大きく分けて2種類あります。

1つ目。

撞点は、下、右、あるいは右下などですが、手球の動き方を見て調整するようにしてみて下さい。

やってみます。

2つ目です。

撞点は左上です。

長短長のスリークッションで、「切り返し」という名称で呼ばれる出し方です。

やってみます。

そして、2個を確実に取り切れるようになってきたら、1個付け足して難易度を上げてみましょう。

この練習方法は、的球をクッションタッチにしたり、セットする間隔をもっと狭くしたり、さらに個数を増やしたり、色々アレンジすることも出来ます。

B級以上の方も、ご自身のレベルに合わせて取り組まれてみてはいかがでしょうか?

(※最高難度ですとこんな感じです…。)