レストを組めない時のジャンプショット

スポンサーリンク

【ジャンプショットに関して、今までこれらの記事を書きました↓】

ジャンプショットのやり方
9ボールでこの様な場面の時、手球の下をキューですくって、「ガシャンッ!!!」みたいな音をさせながらジャンプさせている方、ビリヤード場でたまに見かけます。あれは、ファールです…。さらに、キューの先(タップ)やテーブ...
ジャンプカーブショット
ジャンプショットの発展形の紹介です。10ボールでこの様な場面。(※他の邪魔球でクッションからのコースは無い、という設定でお願いします)ジャンプで2番は越えられそうだけど3番までは厳しい…みたいな時に使えるテクニックです。...
ダーツストローク
今回は少し変わった種類のジャンプを紹介します。配置はこちら。手球と邪魔球の距離が非常に近く(約球1個分)、飛び越えるのが難しそう、そんな状態の時に役に立つショットです。どうやるかというと、タイトルにもなっていますが、...

これらは全て「レストを組める時」のジャンプショットです。

では「レストを組めない時」のジャンプは可能なのでしょうか?

実は可能です。

ということで、こちらをご覧下さい。

ということで、「空中レスト」でのジャンプショットでした。

これは元々ジャンプが出来る方であれば、比較的簡単に出来るようになると思います。

では次です。

このような場面、皆様ならどうやって回避しますか?

手球がセンター付近にあるので先程の空中レストも難しく、また以前紹介したレストジャンプも使えません(※クッションからも狙えない体でお願いします)。

レストジャンプ
【ジャンプショットに関して、今までこれらの記事を書きました↓】ジャンプショットが出来るようになると、セーフティーされても当てられる場面が増えるので、まずファールが減ります。そしてさらに精度が上がってくると、隠された的球を...

かなり厳しい状況ですが、実は脱出方法があります。

こちらです。

(※厚みがズレて引っかけに…)

ということで

「片手ジャンプ」

でした。

これは上記の「空中レスト」と比べてもかなり難易度が高いですが、練習してある程度タイミングが掴めれば出来るようになると思います。

試合でこのような場面になることは相当レアですし、自分自身も使ったことは1回も無いですが、引き出しは多いに越したことはないので今回紹介してみました。

(※ジャンプショットの練習は、ラシャやテーブルのスレートにかなり負担がかかります。出来ればお店の方の許可をとった上で、手球の下に座布団を何枚か重ねるなどして練習して頂くようご配慮をお願い致します。)