テクニックB級・A級

テクニックC級

レストを組めない時のジャンプショット

【ジャンプショットに関して、今までこれらの記事を書きました↓】 これらは全て「レストを組める時」のジャンプショットです。 では「レストを組めない時」のジャンプは可能なのでしょうか? 実は可能です。 ということで、こちらを...
テクニックC級

レストジャンプ

【ジャンプショットに関して、今までこれらの記事を書きました↓】 ジャンプショットが出来るようになると、セーフティーされても当てられる場面が増えるので、まずファールが減ります。 そしてさらに精度が上がってくると、隠された的球を...
テクニックC級

「割れない」引き球

これ、出来ますか? 手球はフットスポット、的球はセンターで、コーナーに入れつつ引き球でサイドスクラッチを手前に回避、です。 やってみると分かりますが、意外とこれ難しいです。 こうなってしまう方も多いのではないでしょうか? 目...
スポンサーリンク
テクニックC級

この1番入れられますか?

この1番入れられますか? 1番はフットスポットの上で、2番が縦に並んでいます。 1番と2番は完全にタッチです。 パッと見た感じ絶対に入らなそうなこの配置、実は入れることが出来ます。 ...
テクニックC級

攻めてはいけない球?

9ボールでこんな配置になったらどうしますか? 8番、手球、9番全てクッションタッチです。 これを見て、 「真っ直ぐだし、8番入れて手球ストップでしょ?」 と思った方、 危険です…。 実際にやって...
テクニックC級

どっちに撞けば入る?

【以前こんな記事を書きました↓】 今回は、手球と的球が完全に「タッチ」している時の撞き方の紹介です。 以前の記事の様に手球と的球の距離がかなり近い時は、二度撞きしないように色々と気を付けて撞く必要があったのですが、「完全タッチ」の時...
テクニックC級

二度撞きしない撞き方

「今のショットは二度撞きですね。」 「え?そうなんですか???」 有田ビリヤードスクールでのレッスン中、初心者の生徒様とたまにこんなやりとりが行われます。 確かにはじめのうちは、二度撞きの感触はかなり分かりにくいですよね。 実際にこ...
テクニックC級

土手撞きのコツ

ビリヤードには様々な「難球」が存在します。 その中でも特に有名なのが「土手撞き」ではないでしょうか? ご存知無い方の為に一応説明を。 この様に、クッションに完全に手球がタッチしていて、撞きづらくなってしまっている状態のことを言いま...
テクニックC級

ダーツストローク

今回は少し変わった種類のジャンプを紹介します。 配置はこちら。 手球と邪魔球の距離が非常に近く(約球1個分)、飛び越えるのが難しそう、そんな状態の時に役に立つショットです。 どうやるかというと、 タイトルにもなっていますが、 ...
テクニックC級

どこまで引っかけられる?

クッションタッチの的球を入れやすくするテクニックで、「引っかけ」というものがあります。 この様な配置の的球を「普通に」入れるのはものすごく難しいですが、この「引っかけ」を使うとある程度入れやすくなります。 中上級者のほとんどの方はご...
スポンサーリンク