Step3、ビリヤードの道具を学ぼう!

スポンサーリンク

プレーを始める前に少し道具の勉強をしておきましょう。

まずはこちらから。

IMG_3492

ビリヤード台(ビリヤードテーブル)です。

実は色々なサイズのものがあるのですが、日本で一般的に多く使われているのがこちらの9フィート台と呼ばれるもので、縦が約290㎝、横が約160㎝くらいです。台の中には、安定性を維持する為1枚約100㎏の石盤が3枚敷かれていて、総重量は約400㎏くらいです。その石盤の表面にラシャと呼ばれる布が張られていて、その上でプレーすることになります。

ポケットと呼ばれる穴が全部で6つあり、角の4つをコーナーポケット、横の2つをサイドポケットと呼び、サイドポケットの方が少しだけ入り口が広い作りになっています。

IMG_3501

(コーナーポケット)

IMG_3502

(サイドポケット)

4辺はクッションと呼ばれるレールに囲まれていて、そのレール上には等間隔に目印(ポイント)があります。これはゲーム中にクッションを使ったショットをする際などに目安として使ったりします。

次はこちらです。

IMG_3500

ボールです。

大きく分けて2種類です。
数字が書いていない白いボール、これを手球(キューボール)と言います。
数字が書いてあるカラフルなボール、これらを的球(オブジェクトボール)と言います。

次はこちらです。

IMG_3497

キューです。

これで手球を撞いてプレーします。先端にはタップ(動物の革などで作られています)が付いていて、手球を正確に捉えたり、スピンをかけたりすることが出来るようになっています。

FullSizeRender

長さは大体140~150㎝くらい、重さは大体500g強です。また、真ん中にジョイントと呼ばれるネジがあり、大抵のキューは2分割して持ち運ぶことが可能です。

IMG_3498

皆様もこの先ビリヤードにはまっていけば、きっとマイキューを持ちたくなると思いますが、お店で無料で借りることも出来るので最初はそれを使いましょう。

【マイキュー関連記事↓】

マイキュー購入のタイミングは?
初心者の方達から頻繁に頂くご質問。 「マイキューは、どれくらい上手くなったら持って良いんですか?」 ビリヤードを始めたばかりの方にとって、「マイキュー」て結構ハードル高いですよね。 「マイキュー...

IMG_3569

チョークです。

黒板などに字を書くあのチョークとほぼ同じ材質です。
先述したキュー先にあるタップに塗ることで滑り止めの役割を果たし、ミスなく手球を捉えることが出来るようになります。

最初は塗ることを忘れがちになるものですが、実はかなり重要な道具の1つです。プレーする際は必ず塗りましょう。

【チョーク関連記事↓】

チョークは本当に意味があるのか?
有田ビリヤードスクールには、全くのビリヤード未経験からスタートされる方も大勢いらっしゃいます。そんな方々から結構頂く質問がこちらです。「先生、チョークって意味あるんですか?」もちろん初日のレッスンで、チョークの役割と重要性はお伝え...

IMG_3495

IMG_3496

メカニカルブリッジです。

少し名前が長いので通称でレストとも言います。
これは、手球が遠すぎて撞くことが出来ない時に用いる補助道具です。

【レスト関連記事↓】

レストの使い方
ビリヤードを始めたての方向けの記事です。この様な配置で、体と腕を思い切り伸ばしても届かなくて困った経験はないでしょうか?このような時に使うのが、

ビリヤード台の横に設置されているのでご確認下さい。

以上です。

他にも色々と道具はあるのですが、まずはこれらを抑えておけば問題ありません。

Step4、キューを持って構えてみよう!